輪郭形成の施術をした結果

小学生の頃からエラ張りが悩みだった

私の小学生の頃からの悩みは、えらが張っていることでした。
自分のえらが張っていることに気付いたのは、小学4年生の時にクラスメイトの男子に指摘されたことがきっかけでした。
今でも忘れることができずに、どのような場面でどのように指摘をされたのかを覚えています。
授業の合間の休憩時間に、その男子から突然に顔が四角くて気持ちが悪いと言われてしまいました。
初めは何を言われているのかよく理解できませんでしたが、四角い顔、気持ち悪いという言葉が私の頭の中をぐるぐると回っていました。
それからは自分の顔が嫌いになってしまい、張っているえらを人に見られたくなくて、髪の毛で隠すようにしていました。
どうすればえらを目立たなくすることができるのかという考えから離れることができず、ダイエットをして痩せれば顔を小さくできるかもしれないと考えました。
中学校、高校とずっとダイエットをしていましたが、体重を落とすことができても顔を小さくすることはできませんでした。
むしろ頬の肉がなくなったことで、余計にえらだけが目立つようになってしまいました。
常に私の心の中には自分のえらのことがあり、大学へ進んでからも自分に自信を持つことができずにいました。

アメブロを更新しました。
『かんたん注射で理想のフェイスライン』 #輪郭形成 #ボトックス注入 https://t.co/7zv7wlW2CE

— フォーシーズンズ美容皮膚科クリニック (@FOURSEASONS_C) 2018年2月8日

小学生の頃からエラ張りが悩みだった輪郭形成の施術を受ける決意をした理想の輪郭を手に入れることができた

輪郭形成名古屋で美容整形をお考えなら たかみクリニックへ ∥ 美しさに磨きを